フリーエンジニアの休みの使い方

フリーエンジニアにとって「休暇をいかにして使うか」はどういった生活をしていきたいかということに大きく依存します。企業から独立して仕事をしていく目標として、組織に振り回されずに自分自身で仕事のリズムを作りたいという場合にも、より高額の収入を得たいという場合にも有効なのがフリーエンジニアとして働くという選択肢です。また、企業に勤めている場合には常に次のキャリアを考えて仕事と勉強を両立させていかなければなりませんが、独立することによってその考え方にも余裕が生じます。こういった観点から、休日の使い方にも個性が生まれてきます。
基本的に言えることは自由であるということであり、休日に勉強してスキルアップに励むことで将来の転職先を考えたり、担える仕事を増やすことを考慮したりする人もいます。一方で、手に入れた自由を謳歌するために休日は仕事を一切行わずに家族との時間や趣味に費やすという人もいます。一方で、休みの日を作らずに高額の仕事を多数請け負って、働けるうちにできるだけ働いて資産を築いていくという過ごし方をするという道を選ぶこともできます。全体的な傾向としては、将来の仕事のことを考えて勉強するか仕事をするという選択肢を選ぶ傾向にはあるものの、どういった使い方をするかやどれだけの休みの日を作るかということまでもが自由となるのが独立すると言えます。フリーエンジニアにとっての休日は自由に使い方を選べるものなのです。

参考までに、高額案件について書かれているサイトをご紹介します。⇒フリーエンジニア高額案件情報センター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です